印鑑のデザイン - 会社設立で知っておくべき印鑑の話

印鑑のデザイン

代表印とは会社の実印です。
会社設立をするときに必ずどこの会社でも実印を作り、その実印は法務局に登録されております。

では会社の実印にはデザインや形大きさ等の決まりはあるのでしょうか。
会社の代表印、登録が義務付けられている印鑑は特にどんな形やデザインでも可能です。
ただよく使われるのは18㎜mの丸印です。
内側と外側に文字が入ります。
丸の中には代表取締役印とはいるのが主流です。
また回文と呼ばれる円の外周は、会社の商号が入ります。
会社の商号をそのまま入れるのが基本ですが、会社の正式な商号を必ずしも入れなくても良いそうです。
しかしそうはいっても正式な印鑑ですので基本的には会社の商号をそのまま入れるところが大半です。

またデザインは様々です。
回文が無いものなどもございます。
回文とは、円の外周に沿って回るように文字が入るデザインです。

印鑑の書体についてみてみましょう。
よく使われるものでは篆書体(てんしょたい)があります。
この篆書体は日本銀行のお札に捺されている書体です。
古くから印鑑の書体として使われており、篆書体は形が複雑なため非常に偽造されにくい書体として有名です。
そのため会社の印鑑としては昔から愛用されております。
吉相体(きっそうたい)も人気があります。
風水でとても良いと言われております吉相体は末広がりから好まれて使用されております。
古印体(こいんたい)は日本漢字を元に作られている書体です。
なじみ深いデザインです。

次に材質を見てみましょう。
柘は木材系の一番主流な材質で、硬さとしなやかさを持っているのでとても押した感じも良いです。
黒水牛芯持は黒水牛の角の中心部分を使用しているためとても耐久性に優れている材質です。
最近ではチタン製も人気があります。

会社の代表者印(法人印)には特に決まりはございませんが一番主流なものでは、柘の18㎜、中のデザインが代表者印、周りの円には会社の商号といったところではないでしょうか。