会社設立時にはゴム印もご一緒に - 会社設立で知っておくべき印鑑の話

会社設立時にはゴム印もご一緒に
会社設立で知っておくべき印鑑の話 > 会社設立時にはゴム印もご一緒に

会社設立時にはゴム印もご一緒に

まず会社の運営には印鑑は欠かせません。
また設立時には印鑑の登録が義務付けられておりますので、日本に存在する会社はどんな職種の会社も全ての法人が法務局へ代表印(法人印)を登録しております。
そのため必ず作らなくてはならないのが代表印(法人印)です。

はんこ屋さんにいくと法人印3本セットとか法人3本セットと一緒にゴム印というようにいろいろな印鑑をお勧めされます。
必ず作らなくてはならない印鑑以外は特に作らなくても良いのでしょうか。
答えは作っておいたほうが良いです。
作っておくと良いものは代表印(法人印)の他には、銀行印・角印・ゴム印があると便利でしょう。

ここではゴム印について少し詳しく見てみましょう。
ゴム印は何に使うのかというと、書類などに会社名を記載することが頻繁にあります。
何かの契約書などにもあります。
その会社名や、代表者名を記載するところに手書きで記載しなくともそこにゴム印で押すことが出来ます。
また封筒の差出人欄もこの印鑑で押すことが出来ます。

ここでおすすめなのがセパレイトタイプです。
セパレイトタイプとは会社名、住所、電話番号・FAX番号、代表者名などすべてを単独で使えるようにセパレイトになっているものです。
また横が一番使う頻度が高いですが、縦書き用などもあると便利です。
少し値が張ってはしまいますが、セパレイトタイプをお勧めします。

またゴム印では請求書在中や割れ物注意・水濡れ現金などよく使う文言のゴム印を購入するのも良いでしょう。
これもかなり便利に使うことが出来ます。
またURLの入ったものやメールアドレスを入れたものもあると便利ですね。
これはセパレイトの中に入れておくのも良いでしょう。

ゴム印はとてもリーズナブルですので、使用目的に合わせていくつか用意しておくと良いです。
またゴム印はインクも色々な色がありますのでインクの色も併せて用意しておくと便利です。
またゴム印はインターネットなどでもリーズナブルに購入できますのでチェックしてみると良いですね。