社印とは - 会社設立で知っておくべき印鑑の話

社印とは

会社設立には印鑑が必要になります。
会社の設立は法務局に申請をします。
その時に会社の代表印(法人印)も登録する義務がございます。

社印とは会社で使う印鑑の総称です。
社印の中には上記で述べた、代表印(法人印)をはじめ。銀行印、角印、ゴム印(横長)などがございます。
全て会社で使う印鑑の総称になります。
会社では印鑑はよく使います。
職種にもよりますがかなり頻繁に使用する会社もございます。
用途はそれぞれにありますので通常は3本セットとゴム印を購入すると良いでしょう。

では実際に用途を見てみましょう。
まずは代表印(法務局に申請した印鑑)は重要な契約時などに使用する印鑑となります。
これは会社がその契約に同意しているという意味があり、法務局へ登録している印鑑を使う事によりとても重みがあります。
そのため契約時には割り印をしてお互いの同意を証明するものとして使われます。

次に銀行印です。
銀行印は口座の開設など銀行に関するもので使います。
代表印と同じものでも構いませんが、何かあった時のリスクを分散するためにも銀行印と代表印はそれぞれ作ることをお勧めしております。

次に角印です。
これはかなり頻繁に使用するものです。
簡単な認め印や、領収書や請求書などに押す印鑑です。
代表印や銀行印に比べ軽いイメージになります。

最後にあると便利なゴム印です。
会社の住所や名前などを書く機会はかなりございます。
そんな時このゴム印をおすだけで良いので作っておくと便利です。
また少し値が張りますが、セパレイト式がおすすめです。
住所だけ、会社名だけといった様にバラで使用できると大変便利です。
意外に会社名だけを記載したり、また記載箇所が離れていたりという時は、このセパレイト式がとても便利です。

社印を作るときはセットがおすすめです。
印鑑のお店に行くと社印セットがございますのでその中から検討しても良いでしょう。
またインターネットでも購入することが出来ますので一度見てみると良いですね。