会社設立に必要な印鑑銀行印 - 会社設立で知っておくべき印鑑の話

会社設立に必要な印鑑銀行印
会社設立で知っておくべき印鑑の話 > 会社設立に必要な印鑑銀行印

会社設立に必要な印鑑銀行印

会社を設立する際には必ず印鑑を作る義務がございます。
それは会社として登記をする際に必ず印鑑の登録をすることが義務付けられております。
法務局に会社の代表印を登録します。

それでは会社の代表印以外に銀行印や角印がセットになって販売されていることが多いですが、それは必要なのでしょうか。
実は会社の実印1本でも会社を運営していく事は可能です。
代表印と銀行印を同じにしてもかまいません。
ただ、わける理由としては何かあった時のリスクを分散するためです。
万が一悪用されてしまったり偽造されてしまった時、すべての印鑑を同じにしておくとリスクが高すぎます。
リスクの分散の意味からもやはり、会社の代表印(法人印)と銀行印は分けたほうが無難です。

そして角印です。
角印は頻繁に押すものです。
またあらゆる所へ流出します。
そのため偽造されてしまう確率もあがってしまいますので、やはり銀行印と代表印(法人印)とは違うものを用意するのがこれも無難です。

また印鑑は価格がかなり違いますが、その価格の違いは特にどれでも使用には問題ございません。
ただ良い印鑑を持ちたいようであれば高価なものでも良いですし、また経費を抑えて行きたければ安い印鑑でも問題ございません。
ただ特にこだわりがなく一般的なものを選ぶ場合は、本柘(ほんつげ)か黒水牛がおすすめです。
とても重厚感がある印鑑で会社で使用するものとしてはふさわしいと思います。
また一般的によく使われている材質ですので間違いはございません。

印鑑についてよくわからないことがあれば、実際に印鑑販売店に足を運びそこで相談しながら注文するのが良いでしょう。
実際に印鑑を作る人と話をして作ることが出来るお店もございます。
実際に専門の人に聞いて作ることが出来れば安心ですね。
また価格を抑えたいようであればインターネットショップでも購入がもちろん可能です。
その場合は会社設立印鑑3本セットのようなセット販売がおすすめです。