会社設立に必要な印鑑の種類 - 会社設立で知っておくべき印鑑の話

会社設立に必要な印鑑の種類
会社設立で知っておくべき印鑑の話 > 会社設立に必要な印鑑の種類

会社設立に必要な印鑑の種類

会社設立時には印鑑が必要になります。
印鑑は簡易のものではなく、その印鑑を登録します。
また法務局へ登録した印鑑を会社の実印として使用しますが、この会社の実印印鑑の種類や大きさには特に決まりはございません。
ただよく使われる形とサイズというものがあります。
代表社員(会社の実印)は18㎜の丸印がよく使われているサイズと形になります。

次に銀行印です。
銀行印と代表印を一緒にしても問題はございませんが、経理に銀行印は預けて置くことが多いため通常は銀行印は少し小さめのものを作ります。
これで代表者印と区別できます。

次に角印です。
これは作っておくのが無難です。
請求書や見積書、領収書などよく印鑑を押すときにこの社印(角印)を利用します。
特に形やサイズに決まりはございませんが角印を使用している会社が多いです。

最後にゴム印があると便利です。
ゴム印は様々な書面に署名をする際に利用することが出来ます。
住所、会社名、代表者名を書くことが多いですがこれをこの横書きのゴム印で押すことが出来ますのであるとかなり便利です。
作っておくと良いでしょう。
また少し値は張りますが、セパレイト式がおすすめです。
セパレイト式とは、会社名、電話番号、住所、代表者名が全て別々で使用する事が出来るものです。

また印鑑の書体は篆書体を使用する場合が多いです。
またその他にも隷書体や印書体古印体などもございますので好みの書体で作ることもできます。
はんこ屋さんに出向き相談すると、予算や使用頻度なども含めどのような印鑑が良いかアドバイスをしてもらうのも良いです。
会社の印鑑を作っているところであればおそらく相談に乗ってくれるでしょう。

会社の印鑑はすぐには出来ませんので、会社の商号が決まり次第オーダーするようにすると良いです。
ここでの注意は会社の商号は必ず管轄の法務局で同じ名前がないかをチェックしましょう。
同じ商号があると名前が通りませんのでこれを先にチェックせずに印鑑を作ってしまうと大変です。

以上印鑑について調べてみました。