会社設立に印鑑は必要? - 会社設立で知っておくべき印鑑の話

会社設立に印鑑は必要?

会社設立に印鑑は必要?

新しく会社を設立する、初めての会社設立には印鑑が必要でしょうか。
印鑑は会社設立には必ず必要になります。
個人も実印を役所に登録しておりますが、法人も法務局へ会社の実印の登録をします。

一般的に社印と呼ばれるものは会社実印や銀行印、角印など会社で扱う印鑑のすべてを指すものです。
会社で使う社印にはそれぞれ意味があり、使う機会がや場面が違いますので、正しく使い分けを資するようにしましょう。
ただし、会社によっては使い分けが違う場合もありますので、確認も必要です。

会社実印とは

法人の実印は会社実印、代表者印とも呼ばれ、丸印と呼ばれることもあります。
この法人の実印は会社間の契約時などに重要な役目を持ちます。
また登録してある会社の実印を捺印することにより、その会社は契約の意思がありますという事を記しているという事になります。
また法務局へ提出してある印鑑という事で重みがあります。
そのためこの会社間の契約時はお互いの会社の実印を押し合う事でこの契約はお互いの会社の意思があり契約を結びますという証明でもあります。
通常は二重丸の形で作るのが一般的で、外側の部分を回文とよび、内側部分を中分と呼んでいます。
回文に社名を記載し中分に代表取締役印、代表取締役之印、代表者印など役職名を掘るのが一般的です。
登記するのには1辺が1cm以上3cm未満の正方形に収まるようにとされています。
印鑑の字体や材質は特に制限はありませんが、変形や破損してしまうと効力を失いますので、耐久性に優れた材質を使って作成すようにしましょう。
会社を設立する時は上記でも述べているように必ず法務局への届け出が必要になります。
そのため会社の商号が決まりましたら、早めに印鑑のオーダーをしておきましょう。
すぐにできるものではございませんので早めに注文しておくのが良いと思います。

また会社の実印を作る際はほかの印鑑も一緒に注文しておくと良いでしょう。

会社設立に便利な印鑑とは?

会社の経営に必要であると便利なものは4つあります。
まずは必ず作るのが先ほど述べた実印(法務局へ届けるもの)です。
それに加えて、銀行印(口座開設時に使用します)も必須の印鑑で、通常会社の実印とは別に少し小さめのものを作ることが多いです。
銀行印はじつは実印と同じでもよいのですが、先ほど述べたように実印は会社の重要な印鑑でありリスクを分散させるためにも銀行印と分けて作っておくほうがよいでしょう。
契約関係は会社実印で、資産管理は銀行印で、と分けておくと、セキュリティ的にも安心ですので別に作っておくほうがよいでしょう。
こちらも二重丸形式で回文に会社名、中分に銀行之印などと彫るのが一般的です。
実印と同じく耐久性のある素材で作成し慎重に保管をするようにしましょう

また領収書や請求書に押す角印もあると便利です。
領収書や請求書には会社の実印を押すことはあまりありません。
会社実印は会社の代表者によって押された重要な書類や契約書に使用し、重要度のそれほど高くない領収書や請求書見積書には会社からの文章であることを示す角印を押すのが一般的です。
角印は実際は効力がないのですが、印鑑が押されていないと受け付けてもらえない取引相手もいますので、準備しておく必要があるでしょう。

もう一つはゴム印です。
ゴム印は会社の本店所在地(住所)会社の商号、代表者の名前が入っているものです。
これはセパレイト式を作ると便利です。
意外に住所だけを押したり、また記入箇所が離れていたりしますので、少し割高ではありますがこのセパレイト式はおすすめです。
もちろん住所や代表者名を手書きでおこなっても構わないのですが、意外と住所や社名、代表者名を書く機会は多く、その都度書くのは手間になります。
一緒に作っておくとセットで作れたり安くなったりもするので、あわせて作ってしまうのもおすすめです。

会社の印鑑を作るときは管理にも気を付よう

会社を運営していく上で捺印することはよくあります。
一式そろえておくと安心です。
しかし、作成する際は将来のことも考えて慎重に作成するほうがよいでしょう。
というのも会社印鑑は会社経営が続く限り継続して使用するなるからです。
変更するのにも、影響が大きく、変更が難しいものになりますので、高い耐久性を持った素材を使用して作成するのがよいでしょう。
機械彫りは模造されやすいので、手彫や技術のたかく信頼できる業者に依頼するのがよいでしょう。

また登録した法人の印鑑はとても重要な印鑑になりますので偽造されないようにしっかりと保管しておくようにしましょう。
盗難や複製のリスクを避けるためにも、厳重に保管し、代表者や決まった人以外押せないようにする仕組み作りが大切です。

以上、会社の印鑑について調べてみました。
会社設立をかんたんに行うにはこちらも参考にどうぞ